おぼえがき

食べ物と健康にまつわる情報についてなんやかんや言って楽しむためのブログです。

「1日分の野菜」=350gの根拠

コンビニで最近よく見る「1日分の野菜の1/3が摂れる」とか「1日分の緑黄色野菜が摂れる」というふれこみのお弁当を見て、
そういえばなぜ野菜の摂取量は350g、緑黄色野菜は120gなんだろう…と、ふと気になったので調べてみた。

この摂取量の出所は、健康日本21だそう。

健康日本21の栄養・食生活のところを見てみます。

栄養・食生活との関連が深いとされる疾病として、高血圧、高脂血症、虚血性心疾患、脳卒中、一部のがん(大腸がん、乳がん、胃がん)、糖尿病、骨粗鬆症などがあるとしています。
これらの疾病と関連のある栄養素として、
エネルギー(消費とのバランスとして)、脂肪、ナトリウム、カリウム食物繊維、抗酸化ビタミン、カルシウムなどをあげています。

つまり健康日本21では、生活習慣病予防の観点で摂取の目安を定めているというわけです。

このうち、野菜が関わるのはカリウム食物繊維、抗酸化ビタミンです。
循環器疾患やがんの予防のためにカリウム食物繊維、抗酸化ビタミンを摂取する必要があり、現状*1ではこれらの成分は野菜から多く摂取されています。適量摂取するには、野菜350〜400gの摂取が必要と推定され、350g以上という基準が定められました。

一方緑黄色野菜はというと、カルシウム摂取を目的に基準が設定されています。
カルシウムは、牛乳・乳製品、豆類、緑黄色野菜から多く摂取されています。緑黄色野菜の摂取量とカルシウムの摂取量の関係を調査し、「第6次改定日本人の栄養所要量」*2の600〜700mgを摂取するために適切な量が120gと割り出されたそうです。

緑黄色野菜=カロテンとビタミンCのイメージだったので、カルシウム摂取のために設定されていたというのは意外でした。

以上、厚生労働省のサイトを参考にかきました。

*1:1995〜1997年の国民栄養調査

*2:当時の基準