おぼえがき

食べ物と健康にまつわる情報についてなんやかんや言って楽しむためのブログです。

「プチ断食デトックス」の都合のいい論理

昨晩妹に「プチ断食デトックスって知ってる?」と聞かれ、
なんじゃそりゃ!私の知らない健康情報っていろいろあるんだなあ、と思いました。

プチ断食デトックスとは

妹による説明(バイト先の主婦の方から聞いたらしい)と、ネット上の情報を合わせた方法をまとめると

  • 3日間かけて行う
    • 1日目:夕食を軽めにする
    • 2日目:断食(お腹が空いたらお茶、生野菜ジュースならOK)
    • 3日目:朝食に消化の良いものを食べる

だそうな。

で、それがなぜデトックスになるのか?というと

  1. 肝臓は栄養素の代謝と解毒の2つの働きがある

  1. 栄養を取らないことで、肝臓が代謝をしなくてよくなる(つまり肝臓が休める)

  1. その分のエネルギーを解毒に使える

  1. デトックス!

ということらしい。
ひとつずつ考えてみたいと思います。

1点目:確かにそう。
2点目:栄養を取らなくても、肝臓はすでに取り込んだ栄養素*1を蓄えているので、それの形を変えて体内に送り出したりする作業があるはず。したがって、代謝を完全に休めるわけではない気がします。まあでも外から負担がかからなくなるのは確かにそうかも。
3点目が謎。代謝を休めたから解毒頑張ろう!なんて都合良くいくものなのか?真偽は不明。
4点目。私がデトックスについてよくわかっていない最大の理由は、何を毒と言っているのかがあいまいであるというところです。
肝臓に積極的に代謝して欲しい毒物で、体に残ることで美容に影響を与えるものってなんなんだろう。。
調べてもよくわからず、もやもやが残ります。

そこで、今度プチ断食デトックスを試してみようかと思っています。百聞は一見に如かず。
まあ私が試して効かなかったからといってみんなに効かないというわけではないし、逆も然りなのですが、実感がわけばまた考え方も変わるかもなと思いまして。

その際にはまたレポートいたします。

*1:アミノ酸や糖(グリコーゲン)など